カートをみる マイページへログイン ご利用案内 香遊オンラインお問い合せ お客様の声 香遊オンラインサイトマップ
RSS
法事・ご法要・ 仏画・仏事用の掛け軸専門店 香遊オンラインへようこそ! 仏事用の掛け軸専門に約250点の品揃え!

蓮如上人の生涯 

戦乱と飢饉の世、真宗の教えを広めた中興の祖

「貧しかった幼少時代を耐え本願寺八世に」

蓮如上人が誕生されたのは、応永二十二年。

室町時代にあたる。

親鸞聖人の末裔である。

生母は上人六歳の時、本願寺を出る。

当時、本願寺は寂れ貧しさの極みにあった。

蓮如上人は長男であったが、生母が去ったあとは部屋住みという立場におかれ、世の辛酸をなめることになる。

このような上人の生活は四十二歳までつづく。

しかし、時代は蓮如上人を求めていたのだろうか、蓮如上人は本願寺第八世となる。

ここから一代で本願寺を復興させた上人の激動の生涯が始まる。

「民衆の心を掴み教勢を拡大するも、厳しい弾圧に遭う」

本願寺の住職となった蓮如上人は様々な改革に着手する。

近江・畿内・東海と布教の旅を精力的に行った。

次第に教勢も拡大、戦国乱世の世、よるべを失いつつあった民衆の心を確実に掴み、門徒の数も急速に増加していった。

しかし、教勢の拡大は、やがて他の教団の反発を受けるようになっていった。

そして、寛正六年比叡山宗徒の襲撃に遭い本願寺は破却した。

蓮如上人と行動を共にする門徒は防戦したが、かなわなかった。

これを寛正の法難と呼ぶ。

「布教の旅へ、本拠地の吉崎御坊は隆盛を極めた」

本願寺をさった蓮如上人は各地を転々とする。

それは布教の旅でもあった。

大津の三井寺に親鸞聖人の御影像を建てたのは文明元年。

時に蓮如上人五十五歳。

やがて上人は北陸へ向かった。

越前(福井県)の吉崎、蓮如上人は、ここに本拠地を移し、以降四年間、ここに滞在する。

吉崎の地形は天然の要塞となっており、上人はここに坊舎を建てた、これが吉崎御坊である。

吉崎御坊は北陸布教の拠点となった。

上人の吉崎での活躍はめざましく「お文=御文章」や「六字名号」など多数書いた。

この文書伝道は真宗復興の原動力になった、とされている。

「吉崎を去り、悲願の本願寺再興にのり出す」

しかし、教勢の拡大は時の権力との摩擦を生み、各地で一向一揆が勃発、上人は四年余り滞在した吉崎を去ることを決意。

各地を転々と教化して歩くことになる。

文明十年、念願の本願寺再興にのり出す。

本願寺破却から十三年、上人の悲願だった。

七十六歳で引退後も石山(大阪)御坊を建立。

明応八年波乱に富んだ八十五歳の生涯をとじた。

「浄土真宗 真宗を知る 辞典」より