カートをみる マイページへログイン ご利用案内 香遊オンラインお問い合せ お客様の声 香遊オンラインサイトマップ
RSS
法事・ご法要・ 仏画・仏事用の掛け軸専門店 香遊オンラインへようこそ! 仏事用の掛け軸専門に約250点の品揃え!

他力回向と自力回向

回向といっても、浄土真宗と他宗派では大きく考えが異なる。

他宗では回向といえば、追善回向を指す。

追善とは、追善供養のことで、生きている人が故人に対して、あの世の冥福を祈ること、とされている。

親鸞聖人はこれを自力回向であるとし、他力回向こそが正しい回向である、と説いた。

浄土真宗の回向

真宗では、阿弥陀如来に救われて浄土に往生する往相回向と、浄土に生まれ、仏となって再びこの現世に還り人々を救う還相回向の二種があるとする。

往相回向も還相回向も他力の恵みである。

「正像末和讃」に次ぎのようにある。

往相回向の大慈より

還相回向の大悲をう

如来の回向なかりせば

浄土の菩提はいかがせん

この二種の回向がなければ、浄土の悟りが、どうして開けようか、ということになる。

このように、真宗においては、回向とは阿弥陀如来の側からのことなのである。

真宗では功徳をもらうのは故人ではなく私たちの方である。

仏よりさし向けられた功徳、すなわち他力回向のなかにすべてがある、とするのである。

「浄土真宗 真宗を知る 辞典」より

ページトップへ