カートをみる マイページへログイン ご利用案内 香遊オンラインお問い合せ お客様の声 香遊オンラインサイトマップ
RSS
法事・ご法要・ 仏画・仏事用の掛け軸専門店 香遊オンラインへようこそ! 仏事用の掛け軸専門に約300点の品揃え!

日蓮上人の大曼荼羅本尊(だいまんだらほんぞん)

日蓮上人の題目と本尊

鎌倉時代に日蓮宗(法華宗)を開いた日蓮上人は、「妙法蓮華経」

の五字にお釈迦さま(釈迦如来)の力のすべてがこもっており、人

の信心をあらわす「南無」をつけた「南無妙法蓮華経」の七字に

よってその力がうけとれるとしました。

それを「妙法五字七字」といいます。

サンスクリット原典からの翻訳もある現在では「妙法蓮華経」は

原語「サッダルマ・プンダリーカ・スートラ(正法の白蓮の経)」を

漢訳した経典名にすぎないと思われるかもしれません。しかし、

「法華経」に説かれているのは、この宇宙には人の言葉ではあ

らわせない神秘があり、そこに諸仏の力が働いているということ

です。

その確信を日蓮は「南無妙法蓮華経」の七字の題目に込め、題

目を中心に、左右に釈迦如来と多宝如来、さらに「従地涌出品

第十五」に出る地涌の四大菩薩、四隅に四天王、法華経に出る

諸天のほか、日本の天照大神(あまてらすおおみかみ)、八幡

大菩薩、天台大師(智據法伝教大師(最澄)などの法華経相承

の高僧の名が書きこまれています。

「南無妙法蓮華経」の題目はその全体をつつむかのように独特

な髭(ひげ)文字でしたためられているのですが、その真下に

「日蓮」の花押(書き判)をいれ自己が真の仏弟子として曼荼羅

世界にいることを示しています。

いかに悪世であったとしても、日蓮上人の曼荼羅本尊があると

ころに諸仏・諸天善神があつまり、人々を守護するといわれてい

ます。

<参考文献:まんだら絵解き図鑑 大角修 著>

<参考文献:全品現代語訳 法華経 大角修 訳・解説>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

掛け軸 日蓮曼荼羅御本尊 (高細密版画) を詳しく見る。

掛け軸 日蓮曼荼羅 御本尊

掛け軸 妙法蓮華経 大曼荼羅御本尊◆吉野智應 を詳しく見る。

日蓮曼荼羅

ページトップへ