カートをみる マイページへログイン ご利用案内 香遊オンラインお問い合せ お客様の声 香遊オンラインサイトマップ
RSS
法事・ご法要・ 仏画・仏事用の掛け軸専門店 香遊オンラインへようこそ! 仏事用の掛け軸専門に約250点の品揃え!

善人なをもて往生をとぐいわんや悪人をや「歎異抄」

悪人正機は「歎異抄」の一説。

直訳すると「善人ですら往生できるのだから、悪人が往生をとげられないことはない」ということになる。

正機とは阿弥陀如来に救われる資格があるということである。

ここでいう悪人とは、煩悩にまみれた救いようのない凡夫を指す。

その凡夫を救わずにはおれないのが阿弥陀如来の本願なのである。

しかし、悪人正機は、悪いことをしてもよいという悪行のすすめではない。

これは、「造悪無碍」といい、きびしくいましめている。

考えてみれば、人間誰しも凡夫である。

悪人正機とは、自らが罪をおかさずには生きていけない、という自覚に根ざした教えだといえる。

「浄土真宗 真宗を知る 辞典」より